ズームカー

電車 21000系

南海高野線の急行・特急用として製造された車両です。
先頭車両に南海時代の急行のヘッドマーク「マル急」が付いてますね。
ズームカーは通称で、由来は、平坦区間から山岳区間までにおいて、広範囲に速度と牽引力を制御できる性能を備えた車両を、広角から望遠まで、広範囲に画角を変えられる、カメラのズームレンズに例えて、「ズームカー」と命名したようです。
カメラ好きには、親しみありますよね。
転勤で、南海高野線沿線に住んでいたことがあり、高野山に行くときに乗った記憶があります。
今回は、乗る機会がありませんでしたが、また訪れた際は乗ってみたい車両です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です