ハナミズキの実

003207

ハナミズキの実です。 

街の街路樹にたくさんのハナミズキが植えられています。
4月頃に花を咲かせます。
道路の右側と左側で、白とピンクに分けて植えられているので、統一感があって、とても美しいです。
写真の木は、ピンクの花を咲かせる木です。実の色は白もピンクも同じ赤色です。
さて、11月を過ぎた頃から、ハナミズキに実が成ります。
今年は、やや遅くて、12月に入っても、写真のように、たくさん実が成っています。
この実、野鳥のごはんとなっており、街には鳥の囀りが日常的に聞こえています。
ヒヨドリ、シジュウカラ、メジロ、オナガドリ等が好んで食べています。
農家さんの話だと、早朝、決った木に群がっているとの事だったので、その情報で出掛けてみましたが、見当たらないので、何らかの巡回コースがあるのかも知れません。
まだ実が落ちていないので、しばらく、出掛けて野鳥を探したいと思っています。

“ハナミズキの実” への2件の返信

  1. おはようございます(^^
    熟した物から食べていくので、それを待ってるんでしょうね。
    木も子孫を残すために、一斉に同じ時期に熟すのじゃなく
    早秋や真冬に熟すものなど、上手く鳥に運んでもらうよう
    時期をずらしてるんですよね(^^

    • bluemさん、こんにちは
      ほんと、そうですね。
      熟す時期をずらして、上手く鳥に運んでもらいますよね。
      自然って、凄いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*