iPhone11でポートレートモード

iPhone11のポートレートモードで遊んでいます。
ぬいぐるみを撮ってみました。
背景の点光源が丸ボケになっていて、スマホで撮ったとは思えない仕上がりです。
惜しいのは、手前のUSBメモリが前ボケにならない事ですね。(笑)

さて、Focosというアプリの「エフェクト」モードにすると、深度情報を立体的に視覚化してみせてくれるそうなので、早速使ってみました。
iPhone11の2つのカメラが捉えた画像の視差を元に、深度情報を正確に得ている(画像の解析も加味していると思われる)のがよく判りますよね。

Focosというアプリですが、デュアルレンズカメラを搭載したiPhoneで撮影した画像のピントを後から変えることができるアプリなんです。
このアプリを使って、愚直に一眼レフテイストに近づけてみます。
ぬいぐるみの鼻先にピントを合わせたら、手前のUSBメモリが、ちゃんと前ボケになりました。
一眼レフで撮ったみたいだなぁ~(笑)
iPhoneのAI合成で足りないものを、Focosアプリで補えば、一眼レフで撮ったみたいな写真に仕上がりますね。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村

カメラ(Nikon) ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*