フレッツ光ネクスト工事費(戸建て)

我が家は戸建てです。
フレッツ光(コラボ)回線は転用できないため、NTT東日本のフレッツ回線へ戻すには、廃止してから、新規に工事を行う事になります。

工事日の様子ですが、地下に埋設されている光ファイバーを地上に引き出す「き線点」近くの光クロージャーを開けて工事をしていました。
ひかり電話に切り替えたので、光クロージャ内の接続を変えているようです。
自宅までの架空線(光ファイバーケーブル)は、弄っていません。

光コンセントも設置済みなので、光コンセントに測定器を接続して配線試験をしていました。
正常という事で、今まで使っていた光ファイバーケーブルをそのまま使っています。
(近くの光クロージャーから光コンセントまでの光ファイバーケーブルをそのまま使用)
後は、ホームゲートウェイを設置して光ファイバーケーブルを差し込み工事終了です。
最後に、ひかり電話の発着信をテストして、工事完了となりました。

<新規お申し込み時の工事費>

工事費ですが、「屋内配線の工程がない場合」として 7,600円 が請求されています。
(ひかり電話の工事費は除きます。)

「IIJmioひかり」を廃止するには、光ファイバーを撤去する必要があると思っていましたが、違っていました。
配線試験で問題なければ、屋内配線はそのまま流用できるようです。

同じフレッツ光回線なのに、コラボ先のIIJからNTT東日本に転用できない事に疑問を感じます。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村

カメラ(Nikon) ブログランキングへ

スポンサーリンク

IIJmioひかり 解約

「IIJmioひかり」を解約することにしました。
基本料金が安くなるので、フレッツ光をIIJmioひかり(コラボ)へ転用して使っていました。
ところが、夜間になると回線速度が極端に遅くなってしまい、「Hulu」の視聴に影響が出ていました。
下記リンクに、混雑の理由とバイパス手段が掲載されています。

IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応)

この記事を読むと、混雑する理由が判りますね。
改善するには、バイパスするしかなさそうです。
「IIJmioひかり」だと、バイパスするためのオプションが有料で月800円します。
ちょっと、オプション代が高いですね。
バイパスする手段は、他にもあるので、コスパのよい他のプロバイダに移ることにしました。
参考にしたのが、以下の記事です。

Impress サイト 清水理史 氏 「イニシャルB」
ネットが遅い!を解決、実質2倍以上に速くなる@nifty「v6プラス」を試してみた

これ、なかなか良さそうです。
回線を、NTT東日本のフレッツ光回線に戻して(新設になるけど)、@niftyと契約する事にしました。

次回は、NTT東日本のフレッツ光回線に戻した場合の工事費を記事にします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村

カメラ(Nikon) ブログランキングへ

スポンサーリンク