iPhone11 Geekbench 5 スコア

スマートフォンやPCの性能を測定するベンチマークテストの定番「Geekbench」を使って、使用してiPhone11の性能をテストしてみました。
「Geekbench 5」を使いたい理由は、現在使用しているiPhone11が、本来の性能を維持できているのかをチェックする為です。

画面では、CPUのベンチマーク結果がシングルコアの場合とマルチコアの場合に分かれて表示されています。
現在のスマホは、ほぼ全てマルチコアCPUを採用しています。
しかし、シングルコアの性能は、非常に重要です。
というのも、アプリがマルチコアに対応していないケースやPCなどと違い複数の作業をスマホで同時に扱う状況が生まれにくいためです。
そのため、シングルコアの性能は、アプリのレスポンスなどの使用感に大きく影響を及ぼすため非常に重要です。
「Geekbench 5」ですが、ベースとなっているCPUは”Core i3-8100″で、このシングルコアスコアを1000という基準にして評価しています。

私のiPhone11と平均的なiPhone11のテスト結果を比較できるのですが、まだ「Geekbench 5」を使っている方が少ないのか表示されません。
下方には、iPhone11の性能と歴代のiPhoneの性能とを比べてみることができます。

ベンチマークの結果を見ると、アプリのレスポンスが非常に良いという事になります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村

カメラ(Nikon) ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*