電力自由化の注意点

東京電力比較1

年初から電力自由化の話題を多く見かけると思いますが、注意することがあります。

電力自由化で、どこと契約しても安くなると思っていませんか?
電気使用量によっては、電気料金が上がってしまうことがあることです。
東京ガスのシュミレーションを事例に見てみましょう。

扉の画像は、東京ガスの料金シュミレーション結果です。
もし、我が家で契約すると、1623円余計に支払いが増えます。

東京電力比較2

電力自由化の恩恵を受けるには、毎月の電気料金にボーダーラインがあります。
電力自由化で、電力販売会社が、お得感を出すには、毎月の電気使用量(電気料金)が多くないと、スケールメリットが出てこないからです。
毎月の電気料金が、8千円を超える方は、メリットを受けられますが、それ以下ですと、今までと変わらないか、損をする場合があります。

 8千円を基準に考えましょう!! 

表を見ると、電気料金が9千円超えないと、安くなりませんね。
我が家の場合は、電気料金が、総じて上がってしまいます。

なぜ、東京ガスの電気料金が高くなるのか?

東京ガスでは、毎月の電気料金の算定が、最初の140kWhまでは、東京電力より割高に設定されています。
そのため、電気使用量が少ないと、電気料金が高くなってしまいます。
基本料金も違っていますね。

140kWhを超えた電気料金は、東京電力より安く設定されています。
よって、たくさん電気を使わないと、安くなりません。

 毎月の電気料金の算定方法をよく確認しましょう!! 

 東京電力 VS 東京ガス 

基本料金(60A)
東京電力 1,684円80銭
東京ガス 1,814円40銭

最初の120kWhまで (東京ガスは140kWhまで)
東京電力 19円43銭
東京ガス 23円24銭 

我が家の場合、太陽光発電しているので、電気使用量がかなり少ないです。
東京ガスの電気料金の設定は、電気使用量が少ない家庭には向いていませんね。
電気使用量が多い家庭向けのメニューと言えます。

電力自由化になりますが、毎月の使用量の把握が、とても重要です。
すくなくとも、去年、1年間のデータを把握して下さいね。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村

カメラ(Nikon) ブログランキングへ

スポンサーリンク

“電力自由化の注意点” への4件の返信

  1. デジモノステーションはありましたか?(笑)
    もう中古書籍でしか手に入らないはずなので、ヤフオクとかアマゾンの出品から入手するしかありませぬ。
    アクティベート期限はあるし、これから更に高くなるのかダブついて安くなるのか。どっちでしょうねぇ~

    • ナイス兄貴さん、こんにちは
      デジモノステーション、ありませんでした。
      ひとつだけ、在庫あったようですが、どうも売れてしまったようです。
      ヤフオクかamazonで買うしかないですねぇ~

  2. 嫁さんが、電気代が高いと嘆いておりますw
    自由化の恩恵を本格的に受けられるのは、サービスが多様化してからになるでしょうね。
    安くなるのはもちろんありがたいのですが、その分携帯のように複雑な料金形態になりそうで、そこは考え物です。

    送電会社の分社化も行って初めて、本当のメリットが生まれてくるでしょうね。

    あとは、家庭用燃料電池が早く普及することを祈ります。

    • ask-evoさん、こんにちは
      電気代高いですよね。
      電気は、総括原価方式になっていて、競争原理が働かないですから
      ま~ 電力会社とのガチガチの関係が崩れるのは良いかも
      仰るように、今は、長期契約は避けたほうが良さそうですね。
      送電会社の分社化しないと、競争が限定的になりそうです。
      家庭用燃料電池は、まだまだ高いですねぇ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*